トランスメディア提供アイコン01 Nikon D40

Nikon D40のディスコンが発表されてから、売り上げがとても伸びているみたいです。

2009/03/03現在、価格.comのデジ一売り上げランキング1位です。。。発売当初は610万画素という、当時のデジ一では低画素の部類に入り、評判も良くなかったみたいですが、ボディの小ささ、低画素ならではのノイズの少なさや高画質、しかもデジ一では破格の値段。それが後々評判となり、発売から2年経った今でも売れ続けている理由みたいです。

私の周りでも最近D40を購入した友人が3人います。みんなデジ一初心者ですが、コンデジとは違った一眼の撮る楽しみを実感できているみたいです。私も軽く使わせてもらったのですが、私が所有しているNikon D90と比べ、ファインダーはやはり小さいです。シャッター音もD90より控えめで、撮影シーンによっては控えめなシャッター音は重宝するなぁと感じました。また、画質に関しては、色々なところでアップされている画像を確認しても、評判通り素晴らしいですね。特にISO800~1600のノイズの少なさ。これには本当にびっくりです。610万画素ということで、大きく引き伸ばす(W4切あたり)ことを考えると、トリミングはできないかもしれませんが、ノートリミングであれば、W4切までは問題ないみたいです。但し、これに関しては、実際に試した作品を見たことがないので、友人にW4切に引き伸ばした作品を見せてもらった際に自分なりに評価してみたいと思っています。

Nikon D90を買って間もないですが、Nikon D40が市場から消えてしまう前に手に入れたいです。
[PR]

# by majesty1251228 | 2009-03-03 23:27 | カメラ・フィルム等

トランスメディア提供アイコン01 感動を伝える写真を撮影するには

フォトコン2月号で丹地敏明さんという方が、

「被写体のつまみ食いでは感動は宿らない。じっくり見て、感じて、素敵な部分を引き出せば、見る人に感動が伝わる写真になる」

とおっしゃってます。私も非常に共感しました。撮影者自身が撮るものに対し魅力を感じなくては、作品を観てくれる人に感動してもらうのはなかなか難しいんじゃないかと思います。人に感動を与える写真を撮りたいと思う私にとっては、参考になる言葉でした。
[PR]

# by majesty1251228 | 2009-02-27 23:13 | カメラ・フィルム等

トランスメディア提供アイコン01 【備忘録】ベルビア100,100F,ベルビア50の違い

実際に試した結果ではなく、ネット上で調べてみて、ある程度信憑性があると考えられるのでフィルムの特性を備忘録としてまとめます。

ベルビア100
赤や黄色等の暖色系発色が強いため、人物や風景に適している。

ベルビア100F
ベルビア100の赤みがかる、またベルビア50で白みがかる弱点を改善。プロビア100に近い。

ベルビア50
露出のブレに強い。

詰めの甘い備忘録になってしまいましたが、現時点で理解できたことはこんなところです。他にわかり次第随時更新します。
[PR]

# by majesty1251228 | 2009-02-18 01:14 | カメラ・フィルム等

トランスメディア提供アイコン01 初投稿です。

写真やカメラの話題に関しては、こちらのブログに新たに書き込んでいきたいと思います。

以前のブログは並行して続けていきます。
http://favorites-cjp.jugem.jp/
[PR]

# by majesty1251228 | 2009-02-16 09:42